PR

 2005年度中の開始が予定されている携帯電話機などに向けた地上デジタル放送(いわゆる1セグメント放送)。同放送に対応する携帯電話機の開発が大詰めを迎えている。開発メーカーが気をもむ課題は主に2つある。受信エリアをある程度明確にすることと,受信機の仕様を確定させることである。
 受信エリアについては,既に13セグメント(1セグメント放送が始まると12セグメントに変更)を使う現行のHDTV放送では綿密に推定されている。受信電界強度の分布を測定すると同時に,機器メーカーが受信機で受信を保証できる電界強度の基準を定めて受信エリアを推定した。受信エリア・マップも公表されている。
 ところが,この受信エリアは1セグメント放送にそのまま当てはまらない。