PR

詳報
真珠の構造を模した塗装のトヨタと
和を織り込んだ内装の日産が受賞

「オートカラーアウォード2005」

 流行色協会主催の自動車のカラーデザインの表彰「カラーアウォード2005」。トヨタ自動車の「クラウンマジェスタ」が「グランプリ」を,日産自動車の「フーガ」が「ファッションカラー賞」を受賞した。共に,高級セダンの復権を目指した新しい「上質感」の提案が受賞理由だ。

 クラウンマジェスタは,エクステリアの色「プレミアムシルバーパール」が評価された。特徴は真珠のような光沢だ。その秘密はトヨタ自動車が関西ペイントと共同開発した塗装にある。発想の源は,その名の通り真珠だ。

 真珠は核を中心に,炭酸カルシウムの結晶とタンパク質の結晶とが交互に層を形成した「複層構造」となっている。そのため光が当たると,表面で反射する成分と,表面を通過して炭酸カルシウム層で反射する成分,同じくタンパク質層で反射する成分が干渉して微妙な光沢を表現するのである。