PR

中国的秘密・日本的秘策
恐るべし中国コピー商品
丸ごと模倣の誤解をとく


先進国のメーカーの製品を模倣し,低価格な商品で不当な利益を稼ぐ中国メーカー。日本メーカーは格好の模倣対象だ。被害は大手だけでなく,中小企業にまで拡大しつつある。許し難い行為ではあるが,感情的にならずに冷静な対応が必要だ。その対応策を練る前に,コピー商品メーカーに対する誤解を解消する必要がある。 (本誌)

 破竹の勢いで成長する中国の製造業。その一部を裏で支えているともいわれるのが,先進国のメーカーの製品をそっくりマネた,いわゆる「コピー商品」です。日本メーカーの場合,ほんの数年前まではコピー商品の被害の対象は専ら大企業でした。ところが,今や被害は中小企業にまで拡大しています。

遠藤 健治
海外進出コンサルタント