PR

アイデアコーナー
アイシン精機試作工場のアイデア

ワークの自重で回転する成型品冷却装置
小型化しながらサイクルタイムも管理

 樹脂成形工程から取り出した高温(約130℃)の成形品を常温に戻す冷却工程において,動力源なしで回転する冷却装置を考案した。成形サイクルに合わせて冷却時間を一定に保つとともに,装置を小型化し次工程の組み立て工程との距離を短縮した。

 従来は成形工程から組み立て工程へベルトコンベヤで移動させながら冷却していた。ベルトコンベヤのスピードを調整することで冷却時間は一定に保てるが,動力が必要な上,大きなスペースを占める。しかも,作業者は組み立て工程工程と成形工程間を移動しなくてはならなかった。

 そこで,考え出したのが,水平面で回転する円板に取り付けた五つの治具に成形品を差し込む「メリーゴーランド型冷却装置」。

【事業所概要】自動車部品を中心に,住生活・エネルギ・福祉機器などの事業領域を持つアイシン精機の試作品および少量品を生産。試作を通じて生産課題を抽出・解決することも役割としている。