PR

 「フレキシブル・ディスプレイの駆動素子材料の決定版」をうたう,新しい半導体材料が登場した。東京工業大学教授の細野秀雄氏のグループが開発した,In-Ga-Zn-O系のアモーファス酸化物半導体である。室温付近で,大面積のプラスチック基板に容易に成膜できることが特徴である。無機材料であるため,有機半導体に比べて性能が安定し,フォト・リソグラフィ技術による微細加工が容易である。細野氏のグループは今回,このアモーファス酸化物材料を使ったトランジスタをプラスチック基板上に形成し,十分な飽和特性を持つことを確認した。