PR

交通事故の増加が止まらない。乗用車の排ガスが急速にクリーンになっているのに対し、交通事故の件数は年々増える一方。自動車メーカーも、これまでの「ぶつかってから」の対策から「ぶつからない」ための対策に重点を移してきた。ドライバーのミスを補い、ドライバーが見えない危険を検知するために、クルマが多くの目や耳で武装し始めた。(小川 計介)

Part 1:なぜ今「ぶつからないクルマか」
“交通事故ゼロ”を目指し各社各様のアプローチ

交通事故をゼロにする――。自動車メーカーがこう口にし始めた。もちろん道はまだ遠い。しかし交通事故件数が増え続けている現在、手をこまぬいているわけにはいかない。レーダやカメラを搭載して人間のミスを補う技術が相次いで実用化され、限定された条件では歩行者を認識する技術も搭載が始まった。交通事故が増え続けている。2003年の交通事故は約94万8000件、負傷者は約118万1000人で、この9年間でそれぞれ30%も増えた。死亡者数は減少傾向にあるが、それでも2003年で約7700人が犠牲になっている。交通事故と死亡者数を減らすことは自動車メーカーにとって最優先の課題だ。

Part 2:クルマにぶつからない
衝突低減から衝突回避へ 進化する自動ブレーキ

交通事故の6割を占める「追突」と「出合い頭」の事故への取り組みが本格化してきた。特に、これまでインフラ整備なしには難しいとされてきた、出合い頭の事故を減らすシステムは目新しい。自動ブレーキの機能も衝突軽減から衝突回避に進化してきた。ブレーキをより早いタイミングでかけることなどで事故を防ぐ。
現在各社が実用化しているプリクラッシュセーフティシステムは、クルマに搭載したレーダが前方の障害物との距離を検知し、衝突の可能性が出てくれば、ドライバーに警告を出す。いよいよ衝突が避けられない状態になれば、約0.6秒前に自動ブレーキを作動させるという流れだ。

Part 3:人にぶつからない
まず夜間向けで実用化 道路横断中の事故を減らす

交通事故死亡者の3割は歩行者で、その6割は道路を横断中に起こっている。現在のレーダでは歩行者を検知できないため、各社はカメラを使った認識システムの開発に取り組んでいる。ホンダが夜間の認識システムを実用化しているほか、DaimlerChrysler社なども開発を進めている。カメラによる歩行者認識は、ホンダが2004年10月に発売した「レジェンド」で夜間向けのシステムを世界で初めて実用化した。他社はこれから商品化を検討するという段階である。

Part 4:こすらない
単眼カメラで3次元認識 近距離用レーダの開発も進む

歩行者や他の車両との衝突ほど深刻ではないにしろ、狭い道で電柱にこすったり、駐車場で壁にバンパを軽くぶつけたりした経験を持つ人は多いに違いない。こうした、人間のちょっとした見落としや操作ミスを補助してくれる「こすらない」機能の開発も活発に進んでいる。