PR

中国的秘密・日本的秘策
最新設備の影に落とし穴
中国製の金型は日本よりも高価?


コスト削減を見込んで金型を中国から仕入れようとする日本メーカーが増えている。だが,視察ツアーなどで目にした最新の工場に目を奪われ,中国の金型メーカーの実力を過大評価する日本メーカーがあるのも事実。良い金型を手にするには,金型の造り方やコスト構造の熟知に加え,相手への指導が必要なこともある。(本誌)

遠藤 健治 海外進出コンサルタント

「中国で金型を作り,日本で部品を成形してコストを下げよう」
 ある日の会議で突然,専務がこう言い放ちました。一瞬私の聞き間違えかと思ったのですが,よく聞くと最近はこうしたビジネスが多いらしい。そもそも金型のコストは,日本で製作する場合,大部分が人件費と技術費。従って,低コストで良い金型を造る中国メーカーと手を組めば,初期投資を抑えられ,製品を低コストで造れるというのです。そのコスト削減の論理は単純明快。しかし,安易に手を出すと,とんでもない落とし穴にはまってしまいます。