PR

 カーボン・ナノチューブ(CNT)をインクジェット・ノズルとして使い,線幅が数nmの電子回路を直接描画する--。このような可能性を示唆する成果が登場した。CNTを使ったインクジェット技術の原理を,産業技術総合研究所ナノテクノロジー研究部門主任研究員の片浦弘道氏と,東京都立大学大学院助教授の真庭豊氏が実証した。