PR

時計会社からプレス加工会社に転職し、プレス技術の将来性を確信した29歳のエンジニアが設立して32年。長野の地場産業である電子製品の製造で蓄積した金型とプレスの技術を武器に、1999年から自動車業界に本格的に参入した。形状が複雑で、かつ精度と強度が必要な金属部品を安く、早く作れると注目を集める。現在では売り上げの8割が自動車関連だ。従業員数は46人で年商は14億円。

 少し前まで絵空事のように思えた新技術が次々と実用化され、量産車に搭載される時代。部品メーカーに求められる技術レベルが高まる一方、激しい競争を背景に車両自体の価格は抑えられたまま。その裏では生産工程の効率化と同時に、部品の品質向上と低コスト化が進んでいる。高品質で高機能、しかも安価。そんな厳しい要求に応えて、電動パワーステアリング(EPS)やCVT(無段変速機)の機能部品に採用されているのが、長野県のサイベックコーポレーションが製造するプレス加工品だ。