PR

将来のクルマはどんな形をしているのか?どんな技術がいつ実用化されるのだろうか。それが業界構造に与える影響は?マッキンゼー・アンド・カンパニーとドイツDarmstadt工科大学は共同で、2015年の自動車業界を予測した。その中心の議題は、自動車技術の進化により、バリューチェーン(業界構造)が今後10~12年でどう変わるかだ。250社以上の自動車関係企業にインタビュ−し、将来技術のコストと市場浸透率について聞いた。2/3が欧州に拠点を置くメーカーで、残りの1/3が北米とアジアのメーカーだ。新技術の誕生により自動車技術はどう変化していくのだろうか。そしてその変化にどのように対応すべきなのだろうか。

過去10年間、自動車業界は前例がないほどに多くの製品を送り出してきた。クルマの市場は世界中に及んでいる。その結果、コストに対する圧力は強まり、部品メーカーにも影響している。完成車メーカーはより少数の、関係の近い部品メーカーと仕事をするという傾向を強め、大きな整理統合の波が部品業界を覆っている。この結果、過去5年間に、自動車部品メーカーの数は世界中で劇的に減っている。

本記事は、マッキンゼー・アンド・カンパニーとドイツDarmstadt工科大学が2015年の自動車バリューチェーンに関する変化をレポートした「HAWK(Herausforderung Automobile Wertschopfungs-Kette)」を本誌がまとめたものです。詳細についてはマッキンゼー・アンド・カンパニー(03-5562-2100)にお問い合わせください。
著:マッキンゼー・アンド・カンパニー Andreas E Zielke,Philipp Radtke
PTW Eberhard Abele