PR
米国テキサス州,最大の都市ダラス。牧牛とカウボーイの歴史のある町で,1つの技術が産声を上げた。その技術は長い間世に出ることなく,一時は消滅の危機にさえ見舞われた。しかし1人の男の長い年月にも及ぶ苦闘をキッカケに今では知らぬ者はいないコア技術と呼ばれるようになった。その男がどうしてもあきらめられなかった技術--。それが微小ミラーを使った光学技術「DLP(digital light processing)」である。


 米国で人気沸騰中の大画面の背面投射型(リアプロ)テレビ,手のひらに載るほどに小さくなったフロント・プロジェクタ,そして米国ハリウッドの映画会社も注力し始めたデジタル・シネマ…。最近のディスプレイ業界をにぎわすこれらの製品や,その応用市場に欠かすことのできない要素技術。それが「DLP(digital light processing)」である。

 DLPは,微小なミラーによる光の反射を利用した光学技術だ。要素技術を開発したのは米Texas Instruments Inc.(TI社)だが,現在,DLPを採用する企業は多岐にわたっている。DLP搭載リアプロ・テレビの機種数はこれまでに50以上に達し,フロント・プロジェクタでは全体の40%の機種がDLPを採用する。いずれもDLPの採用機種はさらに増える勢いだ。