PR

大黒天馬のITコンサル日記
説明の仕方が悪いのか
理解しない方が悪いのか

大黒 天馬 Ooguro Tenma
1964年生まれ。愛知県出身。大学卒業後,大手輸送機器メーカーに入社し,主に海外工場の生産システム立ち上げに従事。その後,SCMコンサルタントに転身,現在は大学講師,国内外企業へのITコンサルテーションなど幅広く活動中。


 誰かに何かを依頼するとき,極力一つだけに願い事を絞るようにしている。実際に実行してもらう最善の方法と信じているからだ。人それぞれで物事を理解する順序や深さは異なる。すべての人が自分と同じ思考で物事を理解できると思うのは大間違いだ。一度に複数の願い事を依頼しても,多くの場合は実行してもらえない。
 この理解するプロセスの差は,業務改革にも影響を与える。
 業務改革を推進していると,改革が定着してないと痛感する場面がある。購買価格が設定されていない状況での仕入れ行為など,業務ルールに定義していないイレギュラーな出来事に対処するときだ。
 業務改革においては,従来と異なる手順や基準で業務を実施することが多い。すべての業務が定義されているわけではないので,業務ルールが定義されていない局面にも遭遇する。