PR

詳報
携帯電話機をロボットで操作,画面表示を撮影して動作を検証

組み込みソフトの開発や検査工程向けにアジレントが製品化

 アジレント・テクノロジー(本社東京都八王子市)は2005年2月,携帯電話機の組み込みソフトを効率的に検査するシステム「Agilent GS-8900」シリーズの出荷を開始した。組み込みソフトの複雑化に伴って検査項目は増え続けており,さまざまな条件で正常に動作するかどうかを短時間で確認することが求められている。
 GS-8900は携帯電話機のボタンをロボットで操作し,画面表示をCCDカメラで撮影,あらかじめ登録しておいた画像と比較することで動作を検証する(図1)。ロボットを使用するため,組み込みソフトの開発段階における論理的な検証だけでなく,製品としての品質管理にも活用できる。
 ボタンを押すだけでなく,携帯電話機の側面に付いたボタンを押したり,ジョグダイヤルを回したりすることも可能だ。スティックタイプのスイッチでは力を加える時間の微妙な制御が求められるため,現時点では対応していない。
 ロボットの操作や検証内容を定義するスクリプトの作成にはJavaを使う(図2)。画面上のキーボードを使うことで,検証する操作手順(ロボットの動き)のスクリプト作成を支援する機能も用意した。