PR
入野 博史氏
本田技術研究所 栃木研究所 上席研究員

赤外線を使った暗視システムやレーダによる先行車検知の実用化,都市高速での車線別の渋滞情報など独自の情報提供サービスの展開…。ホンダはクルマの知能化や情報化に貪欲に突き進んでいる。これらの新機能は「半導体に支えられている」と認める同社。進化のスピードが著しい半導体技術を先読みし,いかにしてクルマに取り込んでいくかが肝心と主張する。(聞き手=本誌編集長,浅見 直樹)

いりの ひろし
1977年に本田技研工業入社。4輪車や2輪車の燃料系を中心に,電装部品/システムの開発に従事。電気自動車のパワートレーンの開発などにも携わる。2001年に上席研究員に就任し,4輪車の電子技術を統括する。