PR
 2006年は,日本の携帯電話サービスや携帯電話端末が大きく変化する年になりそう だ。NTTドコモ,KDDI,ボーダフォンの3社体制が続いていた中,ADSL接続サービスを 提供するイー・アクセスの子会社イー・モバイルと,PHSサービスのYOZANの2事業者 が新たに参入するためである。ソフトバンクBBも「何らかの形で参入する」 (同社 代表取締役社長の孫正義氏)と携帯電話事業に意欲を見せている。

 これら新規参入組に共通するのは,既存の携帯電話サービスの料金体系の「破壊」 を掲げる点である。