PR

NECとNECエレクトロニクスは,マルチコア型アーキテクチャを採用した携帯電話機向けアプリケーション・プロセサを業界に先駆けて開発し,同プロセサに向けたソフトウエア・プラットフォームを構築した。シングルコアの技術的限界がエレクトロニクス業界のさまざまな分野で浮き彫りになる中,組み込み分野においてもマルチコア技術を本格的に検討すべき時期が来たためである。組み込み機器にマルチコアがなぜ必要なのか,そして組み込み機器に適したマルチコアのアーキテクチャはどういったものか--。スーパーコンピュータやサーバ分野などでマルチプロセシング技術を蓄積してきた両社が,デジタル家電や携帯電話機,カーナビなど将来の組み込み機器におけるマルチコアの在り方を詳細に検討し,開発した経緯と実装方法を述べる。(進藤 智則=本誌)

枝廣 正人
NEC システムデバイス研究所 主席研究員
鳥居 淳
NEC システムデバイス研究所 主任
酒井 淳嗣
NEC システムデバイス研究所 主任
井上 浩明
NEC システムデバイス研究所
山端 潔
NEC メディア情報研究所 主任研究員
石川 晋也
NEC メディア情報研究所
伊藤 義行
NECエレクトロニクス システムソフトウェア開発事業本部
第一システムソフトウェア事業部 主任
鈴木 悟
NECエレクトロニクス 第三システム事業本部
モバイルシステム事業部 シニアデザインエンジニア
西 直樹
NECシステムデバイス研究所 研究部長