PR
長く続く原油価格の高騰が、ハイブリッド車の人気に拍車を掛ける。もはや、ビッグ3ですら燃費に優れるハイブリッド車を無視できなくなった。「デトロイトショー」「ロサンゼルスショー」では、ビッグ3がハイブリッド車、そして日本車への対抗策を次々に打ち出してきた。

 ハイブリッド車で先行した日本車メーカーを、ビッグ3が追走し始めた。2005年1月9日からプレス向けに開幕されたデトロイト・モーターショー(North American International Auto Show)では、燃費に関してはさほど重要視していないというイメージが強かったビッグ3も独自のハイブリッド機構をアピールした。米General Motors(GM)社は「米国における燃費改善のリーダー」(同社CEOのRichard Wagoner氏)であることを強調。新開発のハイブリッド車を公開した。ビッグ3に続けとばかりに、ドイツPorsche社もトヨタ自動車との共同開発をほのめかすなど、デトロイトショーではまさにハイブリッド車が主役となった。