PR
この3月1日から4回にわたって「日経産業新聞」に連載されたルポタージュ「SEDの挑戦」は,「夢のディスプレイ」として注目を集める壁掛けテレビの開発の経緯が手に取るように伝わって来る。

 SED(表面電界ディスプレイ)は,電子線源を画素数分2次元に配置したフラットパネル・ディスプレイ。キヤノンと東芝が共同開発を進めていて,8月から50インチ台のパネルの小規模生産を始め,来年3月,テレビとして売り出す計画である。

 ディスプレイには,SEDのように自分で光る発光型と,周囲光あるいはバックライトなどを利用する非発光型の2種類がある。非発光型の代表格,液晶(LCD)で,韓国Samsung Electronics Co., Ltd.が82インチのテレビの試作品をこの2月に発表した。いよいよ液晶も「壁掛けテレビ」を射程にとらえた。

 SEDと対極にあり,飛躍的に産業規模が拡大,技術が進歩している液晶の開発の過程を,時間軸を合わせて比較してみる。