PR
ミラー・デバイスである「DMD」の応用先を開拓しようと米Texas Instruments Inc.のスタッフが国内外を駆け巡る。当然,日本の展示会では大掛かりなデモンストレーションを行った。1995年に大阪で開催されたエレクトロニクスショーでもDMD利用のディスプレイやプロジェクタを出展したのである。このプロジェクタを目当てに,東京から3人の男たちがやって来た。


「へえー。これがあのDMD」

「光学系まで作り込んである!エンジンとは,これのことか--」

 1995年10月。大阪・住之江区の国際見本市会場「インテックス大阪」。エレクトロニクス業界で最大のイベントである「エレクトロニクスショー」の会場で,3人の男たちが,半ば熱にでも浮かされたように展示物を凝視していた。米Texas Instruments Inc.(TI社)のブースに設置されていた,DMD(digital micromirror device)利用のフロント・プロジェクタである。

 TI社はこのエレクトロニクスショーで,DMDの開発パートナーを探すことに力を入れていた。試作したばかりの 576×768画素のDMDと,それを2個使ったPAL方式のリア・プロジェクション型ディスプレイを出展し,国内メーカーに向けた強烈なアピールを行ったのである。加えてフロント・プロジェクタ用のシステムも展示し,実際に映像を投影して見せた。