PR
前回は基板バイアス技術によってしきい値電圧を制御し,リーク電流を低減する回路技術の基本的な仕組みなどについて解説した。今回は応用編として,しきい値電圧制御と電源電圧制御の組み合わせなど,基板バイアス制御技術の効果をより高める手法などについてまとめる。(大石 基之=本誌)

桜井 貴康
東京大学
国際・産学共同研究センター 教授

 トリプル・ウエルを使っている場合など,nMOS,pMOSトランジスタの両方の基板バイアス電圧を制御できることがある。両者を制御すれば,1つの基板バイアス電圧を制御する場合より大きなリーク電流低減効果を期待できる。nMOS,pMOSトランジスタの基板バイアス電圧という独立な変数2つを操作できるので,2つの条件を同時に満たすように制御することが可能だ。例えば,必要な処理速度を達成すると同時にnMOS,pMOSトランジスタのしきい値電圧(Vth)のバランスを取る方法が考えられている。