PR
日経ものづくり 組み込みソフト玉手箱

第5回 動画がたまに止まるのは・・・

情報処理推進機構 ソフトウェア・エンジニアリング・センター
田丸喜一郎

● 動画の扱いでは,1/30秒ごとに処理が必要になる
● 時間を予約しておいて,優先的に処理することが可能
● 必要最小限の処理に時間を守らせる上で有効

 家計術の一つに袋分け法(小分け法)と呼ばれる方法がある。その月の予算を使用目的別に袋に小分けして管理することによって,うまく家計をやりくりする方法である。会社で予算を勘定科目単位で統制管理するのに似ている。ギリギリの家計で赤字を出さないようにするためには,確実で有効な方法といわれている。
 前回,同時に複数の処理を実行する機構としてリアルタイムOSの話をした。しかし,プロセッサに余裕があれば前回紹介した優先度ベース・プリエンプティブ方式のスケジューリングが効率的だが,プロセッサの能力がギリギリの場合は時間制約を満足させるのが困難になってくる場合がある。時々,赤字になってしまうのである。それに対処する方法が,組み込みソフトの袋分け法,リザベーション方式のスケジューリングである。
日経ものづくり 組み込みソフト玉手箱
●ストリーム処理
定期的に発生する処理を事前に予約した時間ごとに実行する。