PR
 デジタル・カメラのレンズ駆動やプリンターの紙送り,光ヘッドの駆動,クルマの走行距離計(オドメーター)…。ステッピング・モータの用途は幅広い。このモータの特徴は,専用の位置検出部品を外付けする必要がないこと。省スペースで低コストに位置合わせの機能を備えられる。

 今回は,ステッピング・モータの中でもデジタル・カメラや携帯電話機のカメラ・モジュール用の品種を取り上げる。これら小型品に向けて開発された材料や加工技術が,ほかの用途に転用されてモータの性能を高められるからだ。

 デジタル・カメラで数多く使われる品種は,当初の直径10mmから同6mmに小さくなった。さらに現在,需要が高まっている携帯電話機のカメラ・モジュール向けは同4mm程度と極めて小さい。 (大槻 智洋)