PR
前回は,組込みスキル標準の策定を進める理由と,その価値を解説してもらった。後半となる今回は,現時点で何を定義したのか,どのように使えばソフトウエア技術者の実力を正しく評価できるのかを説明してもらう。使い方に注意すれば現時点でも一定の効果が得られそうだ。 (竹居 智久=本誌)

渡辺 登
情報処理推進機構(IPA)
ソフトウェア・エンジニアリング・センター(SEC)研究員
組込みソフトウェア管理者・技術者育成研究会(SESSAME)