PR
 ソニーは,従来機種に比べて容積を半分以下に減らし,片手で容易に撮影できるようにした1080i方式対応のカメラ一体型VTR「HDR-HC1」を開発した。2005年7月に発売する。720p方式の機種を含めHDTV対応機としては世界最小である。

 これまでに製品化されたHDTV録画が可能な民生向けビデオ・カメラは,片手で操作するにはかなり無理があった。SDTV録画対応の一般的なビデオ・カメラに比べて容積が3倍以上,重さは約1.5kg~2kgだったためである。これに対し今回の製品は容積がSDTV対応機の2倍以内,重さは電池を含めて最大約930gに抑えている。