PR
 NHK技術研究所は,サーバー型放送で提供した番組を,認められた範囲内であればネットワークを介して利用可能にする技術を富士通研究所と共同開発し,2005年5月に開催した「平成17年 技研公開」で実演した。コンテンツの利用者を限定する「ドメイン」の考え方を採用したもので,その範囲内であれば受信機以外でも再生できるようになる。デモでは,学校で利用する「デジタル教材」を,学校内のネットワークに接続した複数の端末で再生可能にする様子を見せた。開発したドメイン管理技術の家庭内ネットワークへの適用も想定する。