PR
 セイコーインスツル(SII)は,+0.3Vからの昇圧が可能な昇圧用IC「S-882Zシリーズ」を開発した。+0.3Vとしたのは,出力電圧が+0.5V以下になる単セルの太陽電池や燃料電池を想定してのこと。このほかにも,これまで取り出すのが難しかった微弱なエネルギーを活用する道を開く。従来のDC-DCコンバータで昇圧が可能な最小値は+0.9V程度だった。特殊な用途で+0.1Vから昇圧が可能な回路も存在したが,起動用にバッテリなどが必要だったという。