PR
 ここ数年,小型化が進まなくなっていたAl電解コンデンサを一気に小さくする電極 箔の加工技術を,日本ケミコンが開発した。コンデンサを構成する陽極と陰極となる Al箔の加工手法を従来のエッチングから蒸着に変え,箔の表面倍率を従来の2倍以上 に高めた。この結果,同じ容量品を約半分の体積にできるという。