PR
 「省エネ法(エネルギーの使用の合理化に関する法律)」の規制対象になるジャンルの商品に対して,エネルギー消費量の削減目標を決めるために用いる手法。まず市場に出回る商品をある程度区分けし,その中から最も低消費電力な商品をトップランナーに見立てる。そして,ある一定期間内ですべての商品に対して,このトップランナーよりもさらに一定の割合以上に低消費電力化することを求める。