PR
Mark Papermaster氏
米IBM Systems and Technology Group,
Microprocessor Technology Development,Vice President

--米Apple Computer,Inc.がPowerPCの採用をやめ,米Intel Corp.の86系マイクロプロセサを採用することを明らかにしました。米IBM Corp.の技術力を疑う声も聞かれますが。

 これまでApple社とは長年にわたり,良好な関係を築いてきた。同社が下した今回の決断について,私がコメントするわけにはいかないが,IBM社のロードマップについては大いに自信を持っている。ゲーム機という強いアプリケーションを味方に得た。この分野に注力していく。それと同時に,これまで通り,サーバ分野に向けた技術開発も続ける。

 そしてもう1つ,「Power.org」というコンソーシアムを立ち上げ,PowerPCのIP(intellectual property)を広く普及させる戦略に力を入れている。これにより,Powerアーキテクチャを採用する機器メーカーのすそ野がぐっと広がることだろう。Powerアーキテクチャの強みは,幅広いアプリケーションに対応できるスケーラビリティーにある。