PR
George Lucas氏

 2005年7月に日本でも上映が始まった「STAR WARS」シリーズの最終作「エピソード3/シスの復讐」。監督のJeorge Lucas氏を陰で支えたのが,米Lucasfilm Ltd.をはじめとする,同氏が設立した企業群である。自由自在な映画制作というLucas氏のビジョンを実現するため,一群の企業はデジタル・ビデオ技術の臨界を貪欲に押し広げてきた。現在は家庭のパソコンで使える映像や音声の編集システムも,源流を遡ればLucas氏に行き着く。エピソード3,そして将来の作品に向けて同氏が磨き続けるデジタル技術は,未来の消費者の手に渡る製品のひな型だ。