PR
 あたかもポスターを刷るかのように,印刷で電子部品を作ることを目指した技術の研究が,さらに一歩大きく前進する可能性が出てきた。アルバック・コーポレートセンターが,透明電極に使うITO膜を印刷で形成できる技術を開発したからだ。

 これまでインクジェットやスクリーン印刷などで取り扱える有機半導体材料や金属材料は数多く登場していたものの,ディスプレイなどでよく使う透明電極材料については印刷技術で取り扱えるものはほとんどなく,スパッタ法など真空技術に頼っていた。このため真空技術を使わず,オール印刷でディスプレイを低コストで製造しようとする試みにおいて,乗り越えるべき大きな課題だった。