PR
韓国BOE HYDIS Technology Co.,Ltd.は,生産量の拡大よりもむしろ独自技術による高画質化を重視している。同社の世界シェアはノート・パソコン向け品種,携帯電話機向け品種とも3%前後だが,パネル性能では世界の先頭集団の一角を占めている。 (大槻 智洋=本誌)

Kyung Ha Lee,Young Jin Lim
韓国BOE HYDIS Technology Co., Ltd.
SBU Development Center

 我々が開発した液晶パネル方式「AFFS(advanced fringe field switching)」を解説する。AFFS方式が実現した仕様は,視野角が上下左右いずれも89度,コントラスト比が最大800対1,カラー・シフトが赤色と緑色,青色,白色のいずれも0.02以下と,各項目で業界最高水準である。パネル表面をペンや指で圧迫しても表示が乱れにくい特徴もある。
 AFFS方式の液晶パネルは,我々がそれ以前に手掛けていた「FFS(fringe field switching)」方式を基に,2003年に開発した。現在は第2世代品を量産中で,2005年末には直射日光が降り注ぐ中でもユーザーが表示を読み取りやすい品種を市場投入するなど,高画質を求める電子機器に向けて多品種化を進めている。