PR
 富士通研究所は,携帯電話機でテレビ電話の動画像をリアルタイムに補正処理できる技術を開発した。例えば逆光で撮影し,顔が暗くなった場合に顔の部分を明るくしたり,色ずれを補正したりする。この技術は,NTTドコモが2005年8月19日に発売した富士通製の「FOMA F881iES」に搭載された。

 この製品では,QCIF(176×144画素)の動画像の場合に,15フレーム/秒までの速度で通話と並行しながら画質の補正処理を受信側で実行し,ディスプレイに表示する。この処理による遅延時間は「テレビ電話の使用者が違和感を意識しない程度」(富士通研究所 ITS研究センター(兼)報道メディアシステム開発統括部 主任研究員の清水雅芳氏)だという。