PR
 新たに登場した著作権保護技術が,次世代光ディスク規格の優劣をめぐる論争に新たな対立点を持ち込んだ。Blu-ray Discの規格策定団体であるBlu-ray Disc Association(BDA)が採用を決めた「BD+」と「BD-ROM Mark」である。いずれも,両規格が既に採用を決めた「AACS」とは独立に機能し,不正コピー・ディスクの製造や再生を難しくする。

 Blu-ray Discプレーヤ(BDプレーヤ)の製品化を2006年春に控えた今,Blu-ray Disc陣営にとって,仕様の変更に踏み切るのはたやすい選択ではなかったはずだ。例えばBD-ROM Markを実現するには,専用回路をアナログ・フロントエンドICに加えることになる見込み。ROM媒体の製造工程にはBD-ROM Markを書き込む新たな装置が必要となる。