PR
 今までマイコンに触れたことがない技術者や学生に向け,マイコンのソフトウエア開発を学習するためのボードや教材を1つのキットにまとめたのが「マイコン学習キット」である。キットを構成するのは,マイコンに加えてLEDやプッシュ・ボタンといった入出力デバイスを搭載した基板と,ソフトウエア開発ツールの評価版や教材を格納したCD-ROMなど。教材には幾つかのサンプル・プログラムを添付してあり,LEDの明滅といったデバイスの制御をすぐに試せるようになっている。主なユーザーは新人技術者やIT技術者,電子回路技術者などを想定している。

 マイコン学習キットと製品の構成が似ているものに,マイコンの評価・選別を行うための評価キットがある。マイコン学習キットと評価キットの間に,明確な線引きをつけるのは難しい。実際,評価キットのなかには「マイコンの学習にも使える」というコンセプトで開発された製品もある。ここでは,LEDやボタン,温度センサといった入出力デバイスを備えているものを「マイコン学習キット」とし,その一例を紹介する。主要マイコン・メーカーが企画や開発に主体的にかかわったマイコン・キットのうち, LEDやボタン,温度センサといった入出力デバイス(コネクタなど,接続先を要するデバイスは除く)を4種類以上搭載しているものを取り上げ,1社につき代表的な1機種を掲載した。 (浅川 直輝)