PR
 2000年3月。ソニーと米Panavision Inc.が開発したデジタルHDビデオ・カメラ「HDW-F900」は,無事George Lucasの眼鏡にかなった。これを受けて米Lucasfilm Ltd.は,6月にオーストラリアで「エピソード2/クローンの攻撃」の撮影を開始する。9月をメドに撮影を終え,特殊効果の追加などのポスト・プロダクション工程に移るスケジュールだ。封切りの期日は,2002年5月である。

 この間,Lucasfilm社の傘下にあった米THX Ltd.は,デジタル上映,デジタル撮影に続く,デジタル・シネマの第3の要素に取り組んだ。家庭のリビング・ルームにおける再生である。未熟だったDVDの複製技術に手を入れ,家庭でも制作者の意図する色合いを再現する技術を開発した。同社の視野には,リビング・ルームに直接映画を配信する日が入っていることは間違いない。

 THX社はエピソード2の公開直後の2002年6月に独立企業になった。その後もLucasfilm社は,同社の大株主として影響力を保持している。