PR
 2005年9月29日,電波産業会(ARIB)は,地上デジタル放送などを受信するテレビやチューナから映像データを出力するインタフェースの著作権保護方式として,DTCP-IP(digital transmission content protection over internet protocol)を承認した。放送中または録画したHDTV番組を,EthernetなどのIPネットワークを介して他の部屋に送って視聴したり,異なる録画機に番組コンテンツをムーブしたりできる。これまでデジタル放送受信機のデジタル出力インタフェースはIEEE1394などに限られていたが,今後は広く普及しているEthernetなどを利用でき,機器設計の自由度が一気に高まる。そのため,DTCP-IPの承認を切望する技術者が多かった。