PR
 日立製作所は,光通信の送信器から出される光信号の検査用に,位相を連続的かつ精密に測定する技術を開発した。可視化する技術も併せて開発し,位相情報を含む光信号の波形を目で確認することができる。従来の光通信で利用してきたアイ・パターンは振幅の時間変化を調べるもので,位相情報の多くは読み取ることができなかった。

 現在,光通信で広く実用化されている送受信技術は,光のオン/オフ状態を利用する2値の振幅変調だけなのが現状。2値~4値の位相変調は技術としては開発されているが,位相状態の簡易な測定法がなかったため,高品質の製品を実用化するのが難しかった。「位相の測定が容易になれば,差動位相変調などを用いる光送信器が量産しやすくなる」(日立製作所)。位相変調が実用化できれば,同じ多値度の振幅変調よりも伝送距離を2倍かそれ以上にできるという。これは,受信感度が2倍になる上に,位相変調が伝送路による光信号の非線形歪みに強いためである。