PR

 伊仏STMicroelectronics社のMEMSデバイス事業を数年間で立ち上げ,現在もその責任者を務めているBenedetto Vigna氏に事業方針を聞いた。MEMSセンサー,バイオ・チップに続くのは,現在開発中の無線センサー・デバイス。これは,インターネットの新たな価値を生み出し,社会に革新をもたらす可能性があると説く。(聞き手は,三宅 常之)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料