PR

 タッチ・パネルの世界市場シェアで首位をひた走る台湾TPK社。同社の成長は目覚ましく、この3年間で売上高は10倍に拡大した。2012年の売上高は59億8000万米ドル(約5680億円)に達している。まだ抵抗膜方式が中心だった2003年の設立当時から静電容量方式に注力し、2007年発売の米Apple社の「iPhone」に代表されるスマートフォンの需要に積極的に対応したことが、急成長の原動力となった。タッチ・パネル技術の変化は速く、静電容量方式の中でも、カバー・ガラス一体型やインセル型など、様々な新技術が登場している。TPK社は今後どのような技術方式を採用していくのか。2013年3月8日の日経ものづくりセミナー「EMS/ODMとどう付き合うか」で講演した同社President&CEOのTom Sun氏に戦略を聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になれば
今なら「綱渡りの楽天携帯」「Road to 6G」など
モバイル・通信関連記事が無料で読み放題!
12月22日まで
モバイル・通信関連のお薦め記事一覧

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中