PR

大手半導体企業である米Broadcom社はスマートフォン(スマホ)の次のターゲットとして、IoT(internet of things)機器に的を絞り始めた。IoTとは、白物家電や医療機器、腕時計、ペンダントなどこれまで、インターネットにつながっていなかった“モノ”をインターネットにつなげることを指す。この分野を攻略するための切り札として投入するのが、WICED(Wireless Internet Connectivity for Embedded Devices)と名付けた製品群だ。無線LANまたはBluetooth SMARTを搭載した無線通信チップを中心に、開発キットやTCP/IPのプロトコル・スタック、サンプル・アプリケーションなどを提供する。特にWICED対応の無線LANチップについて、来日した同社 Wireless Connectivity Group、Embedded Wireless Business、SR. DirectorのBrian G. Bedrosian氏と、同グループ、Embedded WLAN、Director of MarketingのJeff Baer氏に話を聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)