PR
トヨタテクニカルディベロップメント 代表取締役副社長 宮田博司氏
トヨタテクニカルディベロップメント 代表取締役副社長 宮田博司氏
[画像のクリックで拡大表示]

自分の専門にとどまると、ブレークスルーは起こりにくい

――確かに、原理・原則を知っていることは重要だが、それだけでは物足りない。

宮田氏 特定の技術領域だけでなく、技術領域で広く“原理原則だけでない”知識が必要なのだ。だからこそ、製品開発に求められる技術領域の全般で、自分に何が足りていて、何が不足しているのかを把握しておくことは大事である。そういう考えから、機器開発に必要なひと通りの技術力を見ることができるE検定は望ましい手法だ。

 E検定は、自分自身がどこまで新しい分野に対応する力があるのかを把握できるところが良いと思っている。実は、何か新しいモノを生み出そうとする時に、自分が今知っていることだけにとどまっている限り、ブレークスルーを起こしにくい。何かを変えるためには、今いるところから出ていかねばならない。だが、ある部分しか知らないのでは、出て行くことが難しい。

――同じ分野にいたとしても、自分が弱い技術領域を知る意義はあるか。

宮田氏 もちろんそうだ。同じ分野にいるとしても、新しいアイデアを持ち込まねばならない。発想するには、やはり幅広い基礎的な知識が必要だ。「このやり方ではなく、あのやり方にしてみよう」という発想が生まれやすくなり、広い視野で設計できるようになる。

 最近の製品は、ほとんどシステムで良しあしが決まる。システムを構築しようとすると、ありとあらゆるものを知っていなければならない。1つ上のレイヤーから物事を見るには、システムを構成するすべてについて、基本的なことを知っている必要がある。すべての技術分野について深い知識を持つのは無理な話だが、基礎レベルが分かっていれば、「ここは問題があるかもしれないから、専門家に見てもらおう」という的確な判断が下せる。

――その結果、最適な人材を配置できると…。

宮田氏 そういうことだ。システムの一部分をピンポイントでしか分かっていないと、システムを組むこと自体ができなくなるし、システムを組めないと新しい分野にも挑むことは難しい。

 例えば、自動車の設計を考えてみよう。自動車のシステムは今、数多くのサブシステムで構成されている。自動車1台に使うマイコンが100個を超える場合もある。このような大きなシステムを設計するとき、マイコンだけ詳しいとか、ハードウエアだけ得意だとか、ソフトウエアだけしか分からないといったことでは不十分だ。システム全体で考え、ある部分はソフトウエア処理で良い、ここはハードウエアに任すといった切り分けができないからだ。

 つまり、エレクトロニクス関連の技術領域について、幅広く知識がないといけない。E検定では、半導体の設計に関わる部分とか、FPGAのプログラミングに関係する部分とか、幅広い技術領域から出題されるので、幅広い知識があるかどうか、そしてどの程度足りないのかが把握できるのが興味深い。