PR

 ランクルは地球上最後に残るクルマであると認識して開発に臨むべし!――。

由比ヶ浜の海の家に掲げたメッセージボード
[画像のクリックで拡大表示]

 真夏の日差しが降り注ぐ鎌倉・由比ガ浜海水浴場。ビーチの一角に構える海の家に、こんな言葉が記されたメッセージボードがあった。書いたのは、トヨタ自動車で「ランドクルーザー」シリーズの開発責任者を務める小鑓貞嘉氏(製品企画本部 ZJ チーフエンジニア)だ。

 由比ガ浜海水浴場では現在、トヨタマーケティングジャパンが8月30日までの期間限定で、ランドクルーザー(ランクル)の世界観を伝える海の家「ランドクルーザービーチハウス in JAPAN」を展開している。この海の家には、トヨタが2015年6月17日に販売を開始した改良新型のSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)「ランドクルーザープラド」(プラド)も鎮座(関連記事1)。トヨタは、同年8月17日には、上級SUV「ランドクルーザー200シリーズ」も部分改良して販売を開始している(関連記事2)。

 新型プラドの最大の特徴は、排気量2.8Lの新型ディーゼルエンジンを搭載した点だ。トヨタがプラドにディーゼル仕様車を日本市場に投入するのは、実に8年ぶり。

 トヨタはなぜ8年ぶりにディーゼル仕様のランクルを発売したのか。そして新開発したディーゼルエンジンをどう世界展開していくのか。炎天下の浜辺で、ランクル開発責任者の小鑓氏を直撃した。小鑓氏の発言から、海の家に残したメッセージの意味が見えてきた。