PR

機器開発の現場には,トラブルにつながる危険地帯がいくつもあります。間違った通説に惑わされず危険地帯に確かな道をつけ,避けてしまいがちな難問を付加価値や利益の源に変えるのは,基本的な原理を基に問題を理解し,そして設計できる力です。筆者が大手家電メーカーの研修や大学で教えてきた講義内容から,チップ間接続技術やデジ‐アナ混載LSIのノイズ,EMI(電磁妨害),CMOSアナログ回路など重要なデジタル‐アナログ境界技術を解説します。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料