PR

謎6.関数一覧に表示されない「DATEDIF」関数

【現象】 年齢計算に便利なのに、一覧から選べない

⇒【解説】】 1-2-3との互換関数なので、手入力して使う

 年齢を求めるにはDATEDIF関数を使う──。そんな解説を目にしたことはないだろうか。だが、関数の一覧やヘルプを探しても、DATEDIFという関数は見当たらない(図1)。

図1 DATEDIF関数は、生年月日を基に年齢を自動計算できる便利な関数として、Excelの解説本などにもよく登場する。だが、「関数の挿入」ダイアログの「日付/時刻」関数の一覧には表示されないし、ヘルプにも記述がない

 この謎も、ロータス1-2-3に由来する。DATEDIFは、1-2-3が搭載していた関数で、Excelはその互換性を維持するためにこっそり搭載した。だから表立った説明もなく、「関数の挿入」画面にも現れない。

 そこで、DATEDIF関数は式を直接手入力して使う。引数は3つ。開始日に生年月日、終了日に今日の日付(TODAY関数)、単位に「"Y"」と指定すれば、今日時点の年齢が分かる(図2)。ちなみに、単位を「"M"」とすれば月数、「"YM"」とすれば年数を除いた月数が求められる。

図2 DATEDIF関数は、1-2-3との互換性を保つための関数として、密かに搭載されている。そのため関数の一覧になく、式を直接手入力する必要がある。引数は「開始日」「終了日」「単位」の3つで、単位を「"Y"」とすれば、開始日から終了日までの年数が求められる。これにより、年齢を計算できる
この記事はPC Online「Excel不可解トラブル脱出」から転載したものです。