PR

謎10.「*」印をうまく検索できない

【現象】 半角の「*」を検索すると、無関係のセルに

⇒【解説】 ワイルドカード「*」は「~」を付けて検索

 表の内容に対して別途説明するとき、「*」印を付けて脚注を付けたことはないだろうか。この「*」が半角文字の場合、後で注を付けたセルを探そうとして戸惑うことになる。検索画面に半角の「*」を入れて検索すると、全く無関係のセルが次々と選択されてしまうのだ(図1)。

図1 表に注釈などを付けるとき、「*」(アスタリスク)を付ける場合がある。この「*」がどこにあるのか探そうと、検索画面に「*」と入力して検索してみると、無関係のセルが選択され、正しく検索できない

 理由は簡単。半角の「*」は、検索における「ワイルドカード」と呼ばれるもので、「全ての文字列」を表す。例えば「日経*」と入れて検索すると、「日経で始まる全ての文字列」が探せる。そこで「*」だけを入れて検索すると、文字の入った全てのセルを該当するセルと見なしてしまうのだ。

 対処法も簡単。「*」の手前に半角の「~」(チルダ)を付ければよい。すると「*」の文字そのものを検索できる(図2)。

図2 半角文字の「*」は、「全ての文字」を表すワイルドカード。そのため「*」という記号そのものを検索しようとすると、文字の入った全てのセルが対象となってしまう。「*」そのものを探したければ、手前に「~」(チルダ)を入力して検索すればよい