PR

 電気・電子系技術者が現状で備えている実力を把握するために開発された試験「E検定 ~電気・電子系技術検定試験~」(出題範囲はこちら、E検定の申し込みはこちら)。E検定で出題される問題例を紹介する本連載の問21は「実装」の分野から、電気抵抗に発生する熱を求める問題である。電気抵抗に発生する熱は、冷却の必要性や部品の劣化など厄介な問題を引き起こすが、熱を利用する機器もある。どのように熱が発生するかを知ることで、回路の熱的な様子を知ることが可能になる。これにより熱の弊害や熱の利用などを事前に知ることができる。この問題は「概念の応用能力」であるレベル2、正答率は73.7%である。


【問21】
 電気抵抗R[Ω]の物体に、電流I[A]をt秒間流したときに発生するジュール熱Q[J]の式はどれか。