PR

 前回は、マーケティングについて上位概念のSTPマーケティングと下位概念のマーケティング・ミックスについて学習しました。今回は、マーケティング・ミックスについて、もう少し深く学んでみましょう。

 マーケティング・ミックスというのは、売れる仕組みであるマーケティングについて「モレなく・ダブりなく」考えるための枠組みです。前回述べた通り、製造業(メーカー)の場合、

  • Product(製品(商品))
  • Price(価格)
  • Place(流通)
  • Promotion(プロモーション)

という4つの要素で示され、それぞれの頭文字を取って「マーケティングの4P」と呼ばれています。売れる仕組みを構築する上で、この4つをしっかり押さえておくと網羅性があって説得力があるわけです。

 ちなみに、この「モレなく・ダブりなく」という考え方は「MECE(ミッシー/ミーシー)」と呼ばれ、経営学や経営コンサルティングの世界ではよく用いられる論理的思考の基礎となっています。MECEとは、「Mutually Exclusive Collectively Exhaustive」の頭文字をとったものであり、直訳すると「それぞれが重複することなく、全体集合として漏れがない」となります。そう、これまでに学んだSWOT分析もMECEと言えるのです。エンジニアの身近な例で言えば、「メリット・デメリット」や「設計・開発・製造」などもMECEの考え方になりますね。