PR

【動向】日立、鉄道の信号装置で欧州規格に適合

 日立製作所は、欧州列車制御システム(ETCS)規格に適合した車上信号装置を発売する。同社によると、日本企業の製品が同規格に適合したのは初めてという。

 この車上信号装置は、安全計算機や無線通信装置などで構成され、先頭車両に設置することで、地上から車上に無線で伝送される信号に基づき車両ブレーキの自動制御を行う。同社が納入する英国都市間高速鉄道向けの車両にも搭載される予定だ。

 世界的な鉄道輸送の需要拡大を背景として、地上信号システムの標準化に向けた準備が進められている。ETCS規格は標準化を狙って制定されたもので、欧州では国境を越えた主要都市間の長距離鉄道に使う信号システムで同規格への適合が義務付けられている。中国やインドなど欧州以外の地域でも導入が進んでおり、全世界で延べ6万8000km以上の路線に展開されている。(高田)