PR
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 「ドローンの1年になる」─。米国のあるベンチャー企業は、2014年をこう表現する。「ドローン」や「UAV(unmanned aerial vehicle)」などと呼ばれる無人の飛行体の応用が進むことへの期待を込めたものだ。

 ブームの中心にいるのは、複数のプロペラを備える小型の電動ヘリコプターだ。趣味や映像制作で広がり始めた小型電動ヘリに、新しい可能性を見いだす企業が出てきた。米Amazon.com社やドイツDHL社といった企業が配送への応用を検討し始めたり、セキュリティー会社や設備管理会社が危険な場所や行きにくい場所へ派遣する応用を提案したりしている。橋梁や太陽電池の点検で実際に電動ヘリを使い始めた例もある。

 これらの用途の多くは、まだ絵に描いた餅かもしれない。それを現実のものとするのがエレクトロニクス技術だ。小型電動ヘリが多様なセンサーや信号処理機能を備え、周辺状況を正しく認識しながら、必要なときに自動で飛行する──。こうしたロボット化が進んだとき、小型電動ヘリは趣味の世界から飛び出し、応用範囲を一気に広げるはずだ。人の視界や人の運搬能力を拡張する、人にとって欠かせないパートナーになる。